2017/04/01

フェイクについて

バスケットはフットサルに通ずるものがあるとブログでも書いて来ましたが…
今回はシュートフェイクについて、この動画を紹介します。(^_^)/

私もシュートやパスなどフェイクを良く使うのですが、よりそれっぽく見せる為に大げさな動きとなってしまいます。
この動画では「ちょっとした動作でもそれっぽく見せることが出来る」ということを詳しく解説されています。
URL→https://www.youtube.com/watch?v=E5z09q5P9kA


より小さなモーションで相手が引っかかるのなら、次の動作にも入りやすいので…
こういう細かいポイントに注意しながら習得したいものですね。

それにしても、こういう解り易く教えてくれる指導者がいると子供って伸びるんだろうなぁ~。
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
2017/03/27

これを飲めばあの頃のキレが戻るらしい…

てことで、キリン・メッツコーラのCMを紹介。
飲むだけで若い頃のキレが戻るなら、何本でもガブ飲みするんですが…。(笑)
URL→https://www.youtube.com/watch?v=Ph40U29syic
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
2017/03/26

シニアフットサル

以前にも紹介させて頂いたフットサル施設「UNOファーム」さんで行われているシニアフットサル。
施設のブログを見ると、60代の方がメインで中には70代のプレイヤーもいたとか…。(゚Д゚;)マジデ?

この動画を観てるとO.G.Summersとスピードか変わらず、足元のテクニックは断然向こうが上でした。
いや~、まだまだ精進しないとダメですなぁ~。(^_^;)
URL→https://www.youtube.com/watch?v=V95Cd__VBcQ
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
2017/03/25

蹴れなくていぢけておりました

長らく更新が止まっててスミマセンでした。m(_ _)m
もうね、肉離れの再発を3回も繰り返すと、流石にメンタル的にやられまして…。(>_<)

今月は完治するまで蹴るまいと思ってたんですが…
半月前にちょっとだけ調整のつもりで蹴ったら再発ですよ。
しかも、更に悪化して…。orz

170325.jpg

その日には妙に体がキレキレでして…
・GKからのロングスローを後ろ向きのダイレクトトラップで見事にボールを殺した後、そのまま反転してのボレーシュート。
・右サイドを舐めながらドリブル突破しつつ、マークについた相手2人を連続ダブルタッチで隙間をつくり、アウトタッチでその2人の間を抜いてそのままシュート。
などなど、完全にプレイがメッシってたんですよ。(^_^;)

そんな自分の肉体限界を超えたプレイが軸足に負荷を掛けたのか、後半から左ふくらはぎが吊り始めて途中でダウン。(>_<)
そして現在に至ってます。(TдT)


でも、悲観してても始まらないんで、ちょこちょこ小ネタでもいいので更新して行こうかと思います。(^_^)/

んで、今回は嘗めトラップの練習動画を紹介します。
「ケンさん、下手クソの癖に嘗めプレイは出来ますよね」とよく言われます。(笑)
まぁ、サッカーをやってなかったので、足裏を使うプレイに違和感がなく入れたのも1つの理由ですが…
今考えると、東京ベイの初心者クリニックで徹底して足裏プレイを練習したのが大きく影響しているのかも知れません。

足裏トラップ、インサイドパスがある程度出来るようになったら、この動画のような練習をアップ時にチャレンジしてみることをお勧めします。(^_^)/
URL→https://www.youtube.com/watch?v=Re8tgI0XPjI
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
2017/03/11

若返り

性懲りもなく、今週も個サルに行ってまた肉離れを再発してしまった私…。orz
ふくらはぎに内出血跡が見られたので、完治するまで蹴らないことにしました。(>_<)

自分の回復の遅さを痛感する中、こんな記事を発見!!
URL→http://spotlight-media.jp/article/388514091671435407

老犬ソーヤ君が散歩中に幼稚園児に遭遇し、「あ、わんわん!」「わんわんかわいい!」「かわいい!」と園児から褒められたとたん、こんなにも表情が変わったとか。
※左(before)→右(after)
170311.jpg

もしかすると…
若者の多いパシフィスタの中で褒められながらプレイすると、私も若返れるのかな?(笑)
日記 | Comments(2) | Trackback(0)
« Prev | HOME | Next »