2012/04/16

白方選手&清家選手クリニック

日曜日はスポルバ新宮にて、バサジィ大分の白方選手と清家選手によるクリニックに行って来ました。(^_^)/
最初はバスで行こうと思ったんですが…
バスが都市高を通りやがるので高所恐怖症の私は…IKEAオープンで道路が渋滞していると聞き、JRで福工大前で降りて歩いてきました。(笑)
120416a.jpg

開始時間が近づくにつれ、ロビーには大勢の参加者が続々とやってきます。
30人近くは集まったんではないかと思います。(゚Д゚)スゲェ~!!
120416b.jpg

そして、いよいよクリニック開始です。(^_^)/
女性の参加者も多く、また専属ゴレイロの方も数名おられました。
120416c.jpg

この日はレオン福岡の選手の方々もヘルプに入られて、クリニックのお手伝い。
120416d.jpg

最初は攻守の切り替えをイメージした頭を使う鬼ごっこでスタート。
ええ、頭脳プレイが弱い私は、鬼の連続で体力の半分を使ってしまいました。orz

次に対面パスですが、トラップ後にその場に止まらずにボールを常に動かしながら顔を上げてのパス練習。
トラップ直後にボールを止めて周囲を見る癖のある私にとって、良い練習でした。(^_^)/
120416i.jpg

その次はワンツーやスイッチを取り入れたシュート練習です。
相手DFを意識しながら、フェイクを入れつつパスを受け渡ししてのシュートです。

最後は4人のFPが連動してのパス→シュート練習です。
底のプレイヤーは常にボールを動かしながらキープし、サイドのプレイヤーはパスを貰った直後は必ず前へを向く意識という動作を入れてのプレイ。
これらは全て、前の練習でやった部分を取り入れた内容ですね。

特にサイドでボールを貰った直後の「必ず前を向いて縦へと突破しようとする動作」は、単純な上半身だけの空フェイクより相手DFを怖がらせるんだなぁと思いました。
これをやらないと、「フィクソにボールを戻すんだな」と相手DFに予測されてしまって怖くないんでしょうね。
120416e.jpg

あと、サイドにいるプレイヤーが自分にマークしているDFの位置によって、パスの貰う場所の決め事があることを初めて知りました。
例えば…

・相手DFが自分に近づいている場合
フィクソが相手DFの裏へと「ゆっくりしたパス」を出し、それと同時にサイドのプレイヤーが縦へと走る。
120416r.jpg

・相手DFが自分と距離を取っている場合
相手DFが裏へのパスを防ぐために距離を取ったディフェンスをしている場合…
サイドのプレイヤーはDFの前を通り、フィクソは「速いパス」で中へと入ってきた味方プレイヤーへとパスを出す。
この時、パスを貰ったプレイヤーは、自分に付いてくる相手DFより「遠い足」で必ずトラップ。
そのままシュートまで持っていってもいいし、ヒールパスでフィクソへとボールを落としてもOK。
120416sa.jpg

これは本当にいい勉強になりました。
今度ゲームをするときは、味方と相手の位置を意識しながらパスの受け渡しをしようと思います。(^_^)/

最後は7チームに分かれて、室内外のコートを使用してのゲームです。
既に練習で体力的にも右膝的にも限界だったので、マタ~リとプレイしようと思ったんですが…
いきなり、白方選手のいるチームとの対戦。(^_^;)
120416f.jpg

目の前でプレイを見ていると、やはり攻守の切り替えやフェイクが凄いっす。
室内シューズでプレイされていたので足元が滑ってて動きづらそうでしたが、それでも参加者を圧倒してましたね。(゚Д゚)スゲェ!!
120416g.jpg

そんな中、チームメイトから「ケンさんはガタイだけはいいんだから、白方選手にマーク付いてよ…」的な雰囲気が漂っていたので、ここで右膝をやっちまっても本望と思い、界王拳4倍を発動してガチマークすることに。
120416t.jpg

結果…
股抜きパス1回、自分の視界から消えること5回と全く相手になりませんでした。orz
120416u.jpg

このままではイカン!!と思い、目の前にいる白方選手との間合いが自分にとってベストな状態なのを見て…
120416w.jpg
と脳内妄想モードに入りつつ、絶妙なタイミング(個人的に)でヒールリフトで抜こうとしたんですが…
考えてみれば、右膝が曲がらないことを忘れてました。(^_^;)
120416va.jpg

そのままボールは足元で転々とし、辺りは「シ~ン…」と静まり返ります。orz
でも、白方選手から「ヤバかった~」とフォローしてくれたので救かりました。
(´Д⊂ アリガトウゴザイマス

その後、屋内外を行き来しつつゲームをプレイ。
最後の2試合は歩いてしまう程、完全にスタミナ切れでした。(>_<)
120416h.jpg

6試合全て終わると、最後は白方選手、清家選手、桑名さん、百田さん、中原さんというドリームチームとの3分間マッチが行われました。(^_^)/
120416j.jpg

もう何というか…

「究極のラスボス戦」

って感じですよ。(^_^;)

見てくださいよ、この逆光から登場する神々しい5人を…。(笑)
というか、選手権の九州大会レベルでね?と一人で苦笑いしながら見てました。w
120416x.jpg

そして、いよいよ試合スタート。
最初は女性プレイヤーオンリーチームと対戦した後、生きのいい若い男性チーム×2がいい感じでスタミナを削ってくれました。(笑)
そして、いよいよ最後に私のいるチームとの対戦です。(^_^)/

運のいいことにメンバーが6人いるし、もう今日はお腹一杯プレイしたんで後ろでマッタリしてようかなぁ~と思ってたんですが…
後ろでサボっていると、なぜか私へと頻繁にパスが来るんですよ。(゚Д゚;)チョッ、マッタ…
「あ、そっか、ディフェンスが厳しくて前へとなかなかボールが運べないんだ」と自分のプレイが裏目に出たことに気づく俺…。

しょうがないので、ゴレの清家選手なら私の殺人トゥを放っても大丈夫かな?と思って後方からミドルを打とうとしたら、中原さんがシュートコースを切りつつフリーで打たさないように間合いを詰めて来るんですよ。
流石です。(^_^;)

やはり欲をかかずに、このまま大人しくプレイして終わるのがロートルサラーとしてのあり方かな?と思ってたんですが、
ふと気づくと…
120416y.jpg
と、自分自身でも何が起こってるのか全く理解できない状況…。(゚Д゚;)ナンデコウナッタ…

しかも、味方のフォローないし…。(>_<)
「あ、あれ? こっちの方が1人多いんじゃなかったっけ?」
と、人数的優位を姑息に生かそうとした自分が、全く逆なことをしているから不思議です。(笑)

そんなこんなで、ドリームマッチは終了。
最後は、白方選手と清家選手からベストプレイヤーを発表。
120416m.jpg

ベストプレイヤーには、白方選手や清家選手から直々にプレゼントです。
120416k.jpg

その中には、酔狂のみっすーさんも…。
おめでとうございます。(^_^)/
120416l.jpg

最後に参加者全員にプレゼントを頂きました。
丁度、先日欲しいと言っていたスクイズです。
ありがとうございます。(^_^)/
120416n.jpg

というわけで、楽しい1日を過ごすことが出来ました。
毎年クリニックを開催してくれる㈱Dio'styleの川崎さんに本当に感謝です。m(_ _)m
120416.jpg
※写真はスポルバ21さんからお借りしました。

また来年も楽しみにしています。(^_^)/
120416o.jpg
クリニック | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示