2011/10/28

木曜リーグ・6節

昨日は木曜リーグに行って来ました。(^^/
一昨日からの扁桃腺の腫れが今だ引かず、抗生物質を飲んでの参加です。(^^;
111028.jpg

この日はエネヘメンバーの助っ人が全滅だったので、急遽ひゆさんをお呼びしました。(^^/
ということで、GKのエドゥーさん含めて9人でゲーム開始。
111028a.jpg

相手チームはアンビションさん。
今だ1敗しかしておらず、若くて足が速くフットサル慣れした感じのチームです。
しかも、激しいマンマーク&良く走るという私が最も苦手とする相手です。(^^;
111028b.jpg

そんな中、序盤でひゆさんが右サイドを駆け上がり、GKとの1対1をしっかりと決めて先制!!
さらに、ひゆさんのFKになるまろさんがアイコンタクトで合わせて、いきなり「2-0」とリード。
(゚Д゚)スゲェ…
111028c.jpg

終盤はゴール前で相手のスイッチパスでマークがズレてバタつきましたが、どうにか「4-3」とリードして折り返しです。(^^/
ハーフタイムでは以下のことを確認しました。
・個人技が高い相手プレイヤーがサイドでボールキープするので、そっちに目が行ってしまって中央やファーサイドへのマークがフリーになってしまう。
・自陣ゴール前のルーズボールは、危険な場合はハッキリとボールクリアする。
・相手ポストからのスイッチやヒールパスに対するマークの対応。

111028d.jpg

後半に入ると相手はハイプレスを掛けて来て、早い時間帯に「4-4」の同点に追いつかれてしまいます。
しかし、集中を切らさずにしっかりと守り、どうにか相手の猛攻を凌ぎます。
111028e.jpg

その後も頑張ってしっかりと守っていたのですが…
メンバー交代直後を狙われて、先に失点してしまい「4-5」と逆転。
でも、残り2分で再び「5-5」に追いつき流れはコチラに。(^^/
111028f.jpg

ところが…
最後にドラマが待ってました。
111028h.jpg

こちらのカウンターからの惜しいシュートがことごとく相手GKに防がれる中、残り15秒で5ファールを貰ってしまいました。
しかも、ボールをセットした時点で後半終了のブザーが鳴り、残り時間0秒状態での第2PKとなります。
止めれば同点、決められれば逆転負けで終了です。
何か、ケセラのボーリング大会といい、最後はエドゥーさんに見せ場が回ってきますねぇ。(笑)

結果…
厳しいコースに決められ「5-6」で終了。
今回も惜しい負け方をしてしまいましたが、個人技と若さと速さのある相手によく頑張ったと思います。
皆さんお疲れ様でした。(^^/


【おまけ】
私はというと…
こんな状態でこんな相手に出場しちゃいけなかったですね。(^^;
足手まといで本当にスミマセンでした。m(_ _)m

途中、薬の副作用の眠気とダルさが襲い、しかも冷や汗が出まくって大ピンチ。
(´Д`;)アウアウ…
交代相手の代入君が私の分まで長時間プレイして頂いたんで、本当に助かりました。(^^/
111028g.jpg

しかも、相手チームに黄色いシューズを履いた凄い個人技を魅せるプレイヤーが1人いるんですよ。
その人にファルカンフェイントで完全にブッち切られました。orz
いや~、あんなにスムーズで速いファルカンフェイントは初めて見ましたよ。(^^;
でも、フェイントを出す場所や抜くタイミングなどを目の前で魅させて貰ったので、ちょっとイメージ練習して土曜リーグか日曜のクロブチ王国杯でチャレンジしてみようと思います。(^^/
木曜リーグ | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
お昼休憩でスイッチしました

( ̄^ ̄)ヘヘン

木曜リーグお疲れ様でした
No title
いやー非常に惜しかった試合でした。
まさか 5ファールを取られるとは・・・
次回以降につなげて行きましょう。
その中でも、豊さんの活躍は目を見張るものがありました。

依然として、攻守の切り替え 自陣で相手を自由にさせてしまう。と課題があります。
あと 低い位置でボールを持ちすぎて、フリーの選手を使えていなく、チームとしての連携が途切れてしまっている。
高い位置でのキープは、相手にもプレッシャーになり得るが、自陣でのキープは相手の勢いが増し、取られれば失点につながるので、早い足元へのパス回しで、相手を崩して行きましょう。


もう一点は、攻撃時にラインの押し上げがなされていない事で、チャンスに結びついていない事ですね。
以前 フライデーカップのランゴスタ戦で、何故か勝てない状況が続きましたが、今の状態がそれです、
というと、相手の攻撃に警戒してピボまで下がって来てしまい、見方のボールになった時にラインが下がった状態から始めないと行けない為、結果 シュートまで行けなかったり、チャンスが少なくなっています。
攻められている時も、ピボは次の事を意識して、前後の動きだけでなく、左右に動いてマークを外す(自分が疲れない程度に これ大事)。コートを広く使い、高い位置でボールをもらう事を意識して、ランゴスタ戦に勝てる様になりました。
確かに、ゴレイロの守備に不安がありフィクソが守備意識してもらっている事は否めないですが・・・

相手 チームがどのようなリスタートをしているか、コーチングをどのようにしているか 勉強しまーす
何とかして、勝ち点をゲットしたいですね。今のメンバーはその力は十分にあるので。
No title
インテルさんへ>
な、なんと、秘密特訓してるんですか!? (笑)

エドゥーさんへ>
今回、審判から5ファールのコールを聞き取れず、ベンチから「ノーファール」の声を出せなくてスミマセンでした。

攻守の切り替えについてですか…
相手チームのスタイルによって変わってくると思いますが、今回のアンビションさんの様にしっかりとマンマークに付かれた場合、パスを受ける側との距離や声出しがより重要となってきます。
勿論、エドゥーさんの仰る通りフェイク動作もです。

こういうケースについては、皆でどう対応するかの取り決めさえしていれば解決する部分が多いので、来週の練習試合前にでも皆さんで話し合えればと思います。(^^/
No title
少しづつ 課題と対応策が見えてきたので、チームとしての取り決めができるようになれば、他のチームのように組織プレーができるのではと期待しています。


管理者のみに表示