fc2ブログ
2021/08/05

フットサル戦術を難しく考えないで

普通、競技志向でチームに入ってリーグ戦とかやったない限り、フットサル戦術を覚えたり練習したりすることはないと思います。(´・ω・`)

でも、プロの試合やフットサル動画を観て、「この動きイイな…」と思い個サルで実戦してると、知らず知らずにフットサル戦術を習得してるってことがよくあります。
逆にチーム練習で形ばかり気にして練習しても、実戦で上手くいかないってことも…。

まるで、学校で英語を学ぶより、海外の友達といつも遊びながら会話してた方が英語の上達が早いのと一緒です。
見た目だけ理解して本質を理解してないというパターンですね。

例えば、このゾーンディフェンス攻略動画ですが…
URL→https://www.youtube.com/watch?v=LeHh08qDPqs


「相手DFのライン間を使う(エントラリーニャ)」といった難しい戦術用語で覚えるより、「相手DFの間に顔を出してパスを貰う」といった単純な理解で十分です。
そこに入ることによる効果は、細かい意図は違ってても結果的には同じですしね。(^_^;)

「3:30~」の解説もそうですが…
単に自分に付いてるDFの視界から消える動きをして、相手DF間でパスを貰い相手DFの視線や注意を引き付けてるだけです。
「戦術」って聞くと難しく感じますが、実は大した動きはしてません。
でも、相手DFからすると、「急に現れた!!」ってな感じで脅威に感じます。
黒子のバスケで「何で黒子がそこにっ!!」というシーンはこんな感じだと思います。(笑)

「3:53~」の戦術もそうです。
「アラコルタ+オーバーラップ」という戦術名で書かれて難しそうに見えます。
でも、実際は18番の選手がトラップと同時に中へと切り込もうとしたけど、「DFを剥がしてシュートまで打てそうにないな…」と瞬時に判断してヒールパスに切り替えただけです。

勿論、そういう瞬時の判断が出来たのは、左サイドから上がって来た味方の位置と距離を「間接視野」で事前に観ているかが重要ですが、日頃から周辺視やルックアップでプレイしてるとそんなに難しいことではありません。(´・ω・`)

私個人の選択肢としては…
シュートは打てなくてもゴール中央までボールを運び、右サイドの選手とスイッチでボールを渡しつつ前方のDFをブロック。
そしてスイッチでボールを受けた選手がそのままシュートでもいいですし、左サイドから上がった選手にファー詰めパスでもありだと思います。

要するに…
戦術を全て覚えなくても、それぞれの状況で幾つ攻撃パターンを瞬時にイメージ出来るか?ということです。
そのイメージの源は、プロの試合観戦だったりフットサル動画でのイメトレだったりする訳です。(゚Д゚)ナルホド…

個サルで試すと、味方選手とのイメージの共有という部分でなかなか連携してプレイするのは難しく、独り善がりのプレイに見えてしまいますが…
上手い人がそういうプレイを観ると、「おっ、上手い!!」とその意図は十分理解してくれると思います。
是非チャレンジしてみて下さい。(^_^)/
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示