fc2ブログ
2020/05/27

ヒールパスフェイク

私が最近よくやっているヒールパスフェイク(軸足裏通し型)を紹介します。(^_^)/
ええ、小山さん曰く「ちょございなプレイ」です。(笑)

味方プレイヤーが、自分の後ろを抜けてライン際を駆け上がって来る時に有効です。
URL→https://www.youtube.com/watch?v=60JqjL491po


ぱっと見た目はホーカスポーカス(ラボーナエラシコ)にも似てますが…
ホーカスポーカスは自分で相手を抜くプレイ、ヒールパスフェイクは相手の視線を釣るプレイとして使い分けてます。

なので、ヒールパスフェイクの方が動きがゆっくりで、ボールをより長く晒しますね。
又、ボールタッチもホーカスポーカスのインサイド&アウトサイドの2タッチではなく、足裏と足の甲を使った3タッチとなります。

多分、3タッチでやるカトテクさんのホーカスポーカスの原理に近いかも…。
URL→https://www.youtube.com/watch?v=q8jQWX1aqbI

今回紹介するプレイはこんな感じです。
①カウンターで小山さんからパスを受けるも、柴田君の早い戻りでドリブル突破を断念。
②小山さんにボールを戻そうとしたら、小宮路さんにパスコースを抑えられて咄嗟に出すのを止める。
③んで、左サイドから上がって来る味方プレイヤーを見て、ヒールパスフェイクを敢行。
④ヒールパスを警戒した柴田君と小宮路さんが左サイドに寄ったので、右サイドへのパスコースが出来る。
⑤相手DFの視線が釣れたのを確認し、右サイドでフリーになってる勇希君にパス。


てな感じです。

私をマークしてた柴田君も、パスを通した後に「あ、嘘、嘘、嘘、嘘っ!?」と驚いてたので、内容的には良かったと思います。(^_^)b
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示