fc2ブログ
2018/06/29

西野監督の采配について思うこと

今日のテレビ番組で、ポーランド戦での日本代表のプレイについて全ての局が扱っていました。
180629.jpg

私もあの試合を観て思ったことは…

「どんどん、こういうプレイはやってくれ」

です。

日本人の気質というか体質というか、戦いの考えからが奇麗すぎというか生ぬるいんですよ。
世界の強豪と戦う上でこういうケースは多々あります。
それにファンが全く追いついていないって感じですね。

今回の采配で反対している人の解説やインタビューを全て聞きましたが、全て「精神論・感情論」です。
全くゲーム戦略に対する根拠ある反論はありませんでした。

「こんな戦い方をしていては日本代表に未来はない」
「潔く戦って負けた方が、まだ未来がある」

という意見を聞いた時は、「戦時中の日本かよ?」と思いましたよ。(´・ω・`)

個人的には決勝トーナメントに進出し、ベスト16に残ったという結果を出したこと。
これこそ、日本代表の未来の為にしっかりと結果を残した未来への一歩だと思います。
もし、日本が初のベスト4入りしたときは、今回の采配に批判的な意見を述べた人は多分手のひら返しですよ。(笑)

似たようなケースは、以前にもロンドン五輪のなでしこジャパンでもありました。
殆どの人は憶えてないでしょ?
日本人って一時的な感情に流されて直ぐに忘れますからねぇ~。(^_^;)

私は西野監督や選手達にこう伝えたいです。

「大事を思い立つ者が小事にかかわることなかれ」

がんばれ日本!!


【おまけ】
監督や選手の試合後インタビューを観てて…
海外で戦っている選手たちはああいうのは当たり前なんだけど、耐性のない日本人サポーターに向けて感情をフォローして上げてる感がしますね。

あと、日本の武士道を知らない鉄砲を持った相手に、「やぁやぁ我こそは…」と口上を言って刀で戦う無知なサムライは、現代の日本にはいませんから。(笑)
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示