2017/07/06

ひふみんアイ

先日、引退された加藤一二三九段。
対局中、加藤九段は相手の背後に立って盤面を見ることがありました。
通称「ひふみんアイ」です。
170706.jpg

この効果とは…
同じ局面のはずなのに先手側から見た時と後手側から見た時では、局面の雰囲気や形勢が違って見える。
これにより、より正確に局面の良し悪しや攻めるべきか守るべきかなどを判断することができ、読みも正確になるという効果もあるというもの。


実は私もこれと似たことを動画でのイメトレでやってます。
それは、試合動画を味方視点と敵視点で2回観ているということです。

今回、裏ポカさんと零さんとの練習試合動画で、プレイの参考となるよいシーンが撮れていたので紹介したいと思います。
問題となるシーン部分は、全て山田君が見切ってましたね。(゚Д゚)サスガ…
皆さんも動画を見て考えてみて下さい。
きっと、「ウチのチームでもあるあるだわ~」という点が多々あると思います。

戦術担当の宇井さんとは、次回お会いした時に別途30分ミーティングてことで。(笑)

URL→https://www.youtube.com/watch?v=7d_VrWH5SO4&feature=youtu.be


一応、要点を3つだけ。
①後方でパスを回すとき、パスを貰ったプレイヤーはトラップ後に必ず前を向くこと。
②後方での横パス、ピヴォへ当てるパスは、必ず足元に速いパスを出すこと。
③両サイドのアラは、ボールを持ったフィクソを常にフォローできる位置に必ず降りてくること。



【参考動画】
皆さん、こういう練習をチーム内やクリニックでやったことがあると思います。
練習時に実戦を意識してやってるかどうかで、今回の問題点の有無に大きく関わっています。
URL→https://www.youtube.com/watch?v=Sw0H1bnnGiA

んで、上記の練習にディフェンダーを付けたものがコレ。
より実践的で、トラップ直後に必ず前を見る、ボールを左右に運ぶことがどれだけ重要なのかがよく解ると思います。
URL→https://www.youtube.com/watch?v=bSikoTxkH6E

しかし、ココのフットサル教室は、より実践的で基礎的な良い練習をやってるなぁ~といつも感心します。
ただ単に練習内容を観るだけでなく、意図を感じてこういう練習動画を観ることをお勧めします。(^_^)/

あと、「こんなの基礎中の基礎じゃん!!」と思ってるあなた!!
そういう方こそ、端から見ててゲーム中に出来てないってことありますので注意。
まぁ、それって私なんですけどね。(笑)
動画 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示