2015/08/16

個サルとクリニック

先に先日の「初心者クリニック」の記事についてお詫びを。

ブログを観て頂いている親切な読者の方々から心配のメールが来まして…

150816d.jpg

各フットサル施設の初心者クリニックで行われている練習メニューを否定しているのでは?というご意見を頂きました。
「えっ、何で?」と思ったんですが…

確かに読み直すと、いつもの私の語学力と文章力のなさにより、誤解を生む内容となっていましたね。(゚Д゚;)アワワ…
決して、練習後の5対5のゲームを否定している訳ではないのでご注意を。(^_^;)

150816e.jpg

その中でも、私にいつも貴重なご意見やご指摘をして頂いている方から、ナルホド!!と思う解説を頂いたので紹介したいと思います。(゚Д゚;)ソウダッタノカ…

サッカー育成で「M-T-M(マッチ、トレーニング、マッチ)メソッド」というのがあり…
まずミニゲームで問題点を洗い出し、それを解決するトレーニングを行って、最後にトレーニングの効果をゲームで確認するという一連の流れがあるそうです。
ただ、クリニックでは時間が限られているので、最初のマッチ部分を省略して「トレーニング→マッチ」という流れになっているとのことです。

帰宅部だったスポーツ素人の私が、そういう練習の流れを知らずに「基礎トレーニング重視」なことを書いてしまったことは、本当にお恥ずかしい限りです。(>_<)
あくまでも、スポーツ理論を知らない素人視点からの意見としてあの記事を読んで頂ければと思います。m(_ _)m


話は戻りまして…
週末、盆休みということでなかなか日時が合わずに蹴る場所に困っていたんですが…
ミーナで臨時個サルが開催されるということを知り、急遽参加することに。(^_^)/
150816.jpg

ところが、参加されるメンバーや初めて見る参加者のガタイの良さに、「こりゃ、場違いなクラスに来てしまった…」と開始前から焦りまくりです。((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

その私のビビリ様にスタッフが配慮してくれたのか、私は県リーガーの方々と一緒のチームにして頂きました。(^_^)/
まるでスーバーサイヤ人3人にまぎれたヤムチャ状態でしたよ。(笑)
150816a.jpg

又、参加者の何名かは40代前後の方々がおられて、ちょっとは安心してたんですが…
実はその方々はシニアサッカーでバリバリ蹴っている人達でして、対戦時には完全にフィジカルで負けてました。orz
150816b.jpg

そんなハイレベルの中でゲームをした結果…
案の定、私の戦闘力の低さにチームメイトへの足の引っ張りようはハンパなく、私がスタミナ切れで自分のマークに付いて行けずに完全に崩されてしまい失点の嵐…。(>_<)
特にガクカンさん相手だと、数的優位を作らせてしまうとこうなりますよね。(^_^;)
150816c.jpg

そこで残り1時間のゲームでは、最初の3分間は全力でプレイ、残り時間はGKで休憩するというプレイスタイルに切り替える事に。
そのお陰で、スタミナの枯渇によるミスが減り、ギリで持ち堪えつつプレイすることが出来ました。(゚Д゚)オオッ!!

この日、最も良かった点は、意識して速いパスを味方の足下に出せたことですね。
当たり前のことですが、このレベルになると本当に重要なことだと再認識しました。


そして、この個サルで気づいた反省点を修正すべく、今日はスプラージの日曜クリニックに参加してきました。(^_^)/
日曜日の講師は、Scorpion’sの有馬コーチと卯目コーチです。
150816f.jpg

テーマは…
・パスを貰った後、ボールを動かしながらパス先を探す。(ファーストトラップの重要性)
・パス判断を速くする為、ボールを長く持たずに3タッチ以内に味方にパスを出すこと。(早い寄せへの対応)

です。
一見、相反するプレイ内容ですが、前回の個サルで厳しいプレッシャーの中で必要と感じたプレイです。

この日のクリニックは、私が最近ハマっている基礎練習をみっちりしました。(^_^)/
150816g.jpg

最初は2人1組の対面パスから開始。
近距離で相手の利き足に向けての速いパスから始まり、トラップした足を地面に着かずにそのままパス、最後に左右に嘗めてパスを出す練習など、より実践的なパス錬でした。
150816h.jpg

お手本プレイとして有馬コーチと卯目コーチのプレイを観たんですが、パスとトラップの音が違いますね。(^_^;)
リズムカルに「パン、タンッ、パン、タンッ」と短い距離なのに速くて綺麗なパスが当たり前の様に続くのが凄かったです。(゚Д゚;)スゲェ…

以前、アップ時にエネヘの種さんがワザと私に短い距離での速いパスに対応できるかを試すことがあったんですが…
この位は普通に出来ないと、県リーガでは通用しないということを教えてくれてたんでしょうね。(^_^;)

その後、ダブルタッチでボールを左右にスライドさせる練習や足裏を使った前後移動など、寄せてきた相手をかわすプレイに繋がる基礎練習もしました。

特に卯目コーチからのアドバイスで目からウロコだったのが…
ボールをスライドする時に両足の間にボールを置くのではなく、ボールをスライドさせる足の真横に置いておくという点です。
そして、ボールをスライドさせる直前に、まず上半身をスライド方向へと先に傾けてから足をスライドさせるとのこと。(゚Д゚)ナント!!
単に見よう見真似で練習していた私ですが、こういう細かい動き1つ1つを聞いてから練習すると、より上手く出来る様な気がしました。(^_^)/

最後はドリブルからの切り替えしターンの練習です。
トンパからアウトタッチを使った方向転換、アウトタッチだけで180度方向転換するターン、トラップと同時に真後ろにボールを引いて相手DFを置いてけぼりにするターンなど色々やりました。

私はドリが下手糞なので、そもそも切り返しのターンを使用する機会が殆ど無いんですが…
この練習をしてて「これが出来ないと、相手DFを背負ってボールキープすること自体無理なのでは?」と思いました。
特に有馬コーチが実例で上げた「サイドでのドリブルで、一瞬中へと切り込むフリをして軸足裏にボールを通して縦へと突破するプレイ」は、基本は真後ろにボールを引くターンの応用であることを知り驚きました。(゚Д゚;)ソウダッタノカ…

そして、いよいよゲームです。
練習でやってきた内容をどれだけ出せるかが試されます。(^_^;)
150816i.jpg

今回、プレイできた練習内容は、横嘗めパスとトラップした足を地面に着かずにパスを出す2つだけでした。(>_<)
シチュエーションにもよりますが、なかなか相手がプレッシャーを掛けてくる中では練習でやったことが出せませんね。(^_^;)
しかも、ゲーム後に「あの練習、あそこでやれたかも…」と気づくところは、クリニックあるあるですね。(笑)

ということで…
延長ゲームをすると聞き、補習を兼ねて参加することに。(笑)
150816j.jpg

ゲームでは、いつも以上に落ち着いて周りを見つつプレイすることが出来ました。
「1/1000」を発動させて、卯目コーチから足下へのドンピシャのロングクロスパスを落ち着いてシュートバウンドトラップし、前にボールを運ぶフリをして逆サイドにいる女性プレイヤーへとアシストパスを出せたのが良かったですね。(゚Д゚)デタコレ…

卯目コーチからも、お褒めの言葉を頂きました。(^_^)/
150816ka.jpg

又、半月板を手術をして以来、膝への負担が大きいので封印していた浄水通りルーレットでのパスカット&ランを披露。
初めて見て下さった参加者の方から、お褒めの言葉を頂きました。m(_ _)m アリガトウゴザイマス

といった感じで、あっという間に3時間に渡るクリニックが終了。
皆さん、蒸し暑い中お疲れ様でした。(^_^)/
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示