2014/07/17

もしかして、これは…

先週末のウルビギ大会で、エンジョイ志向を忘れて頑張り過ぎた私…。(>_<)
140716a.jpg

小山さんが「ケンさん、走り過ぎ…」と何度も注意しているのに、頭は理解してても体が全く言うことを聞きませんでした。
その結果、暑さで3回程死にかけましたよ。(^_^;)
140716b.jpg

最初は、陸奥九十九の様に無意識に「負ける」ことに恐怖を感じたのでは?と思ったんですが…
140716.jpg

私の性格上から「勝ち負け」にこだわりを持たないタイプなので、それはないなと思いました。
140716c.jpg

では、いったい何が私をそこまで駆り立てるのか?と、その時の状況を色々と思い出していると…

「暑さ+寝不足」により引き起こされた「脳内の熱暴走」では?と思われます。
140716d.jpg

その熱暴走により、自分の意思で制御できない何かが働いたのでは?
ん? ま、まさか、それは…
140716ea.jpg

「U(ウルビギ)T(大会)-D(デストロイヤー)」

の発動!? (゚Д゚;)ナンダト…

こりゃ、イカン!!ってことで、月曜日の裏ポカとの練習試合で自分のプレイを制御しようと思ったのですが…
ここでも頑張り過ぎ…上手くコントロール出来なかったみたいです。(^_^;)
URL→https://www.youtube.com/watch?v=jSufNNEIYbQ&feature=youtu.be


結局、昨日のポカ錬(エンジョイ)で再度修正することに。
この日は女性参加者が3人おられたので、アッキーさんに頼んで女性枠として参加。
但し、ハーフウェイラインから自陣側には入ってはいけない(ディフェンスをしてはいけない)という制限付きです。

まぁ、どうにか自陣に戻って守備をすることを我慢することが出来たんですが、幾つか約束事を発見しました。
それは…
・前線でGKからのロングパスを貰ったら、そのままシュートまで行くこと。
・後衛のプレイヤーは、カウンターで前線のプレイヤーにパスを出したら基本的には攻め上がらないこと。

です。

まぁ、ミックスチームでありがちなプレイなんですが…
これをしっかりやらないと、カウンターのカウンターが発生してしまう可能性が高くなるのに気づきました。(゚Д゚)ナント…
後衛プレイヤーは、基本的には守備重視で前衛プレイヤーへのパス供給者であること。
逆に、前衛プレイヤーは、ロングパスのトラップ精度を上げ、最後は必ずシュートで終わることを徹底しないといけません。

O.G.Summer'sでは、千田監督と私は前衛プレイヤーとして自陣に戻って守備をしないということが前提なので、自陣内でしっかり守ってくれた味方の為にもゴールの決定率を上げないといけませんね。(^_^;)
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示