2014/05/03

自己紹介を本当だと信じてくれない

4月1日から立ち上がったJFA公認の「j-futsal」によると…
5月5日は「フットサルの日」だそうです。
j-futsalって何?と思った方はコチラ→https://j-futsal.jfa.jp/

それに呼応して、今のところ福岡市内ではディノさんがフットサルイベントとして個サルが開催される様です。
詳しくはコチラ→http://dinoclub.net/

話は戻りまして…
水曜日、ポカの練習で人数が足りなさそうだったので「前線に残ったままのシニア枠で」と参加を表明。
代表のアッキーさんから「了解です」と返信が来たんですが…
チーム分けを見て愕然…。(゚Д゚;)ナヌッ!!

シニア枠の私が、何故か女性プレイヤーのいるチームに組み込まれています。(゚Д゚)エッ?
それを知った宇井さんと鈴木君は…
140503.jpg

これって、「ケンさんは女性プレイヤーと一緒に組ませると、無理してでも頑張ろうとする」という私の性格を知った上でのアッキーさんの策略なのでしょうか? (笑)
結局、その日は前線でサボる…ゆっくりシニアらしいプレイをすることが出来ず、ヘロヘロになりながら何も出来ずに終了。orz

「もう俺のレベルではポカにはついて行けんな…」と傷心のまま今日の小山さんのパシフィスタ活動で癒されようと思ってたら、あいにくGWにより活動はお休み。

てことで、同時刻に個サルをやっているペナスタに行って来ました。(^_^)/
この日の個サルは、8チームで2コート・2グループに分かれて行われました。
140503a.jpg

「あの~、私アラ50で殆ど動けない素人なのでヨロ…」とチームメイトに挨拶。
そしてゲームが始まり相手ゴール前に突っ立ってたんですが、相手チームとの実力差があり過ぎたのか全然ボールが回って来ません。(^_^;)
やっと来たパスはというと、高校生か大学生でないととても追いつけないスペースへの速いパスばかり…。(>_<)

んで、パスが通らないのでディフェンスに回ったんですが、相手のダッシュと切り返しにこの両膝がついて行けるハズもなくブチ抜かれまくりでした。orz
その光景を見たチームメイトは、「謙遜じゃなくマジ素人だったのかよ…」「なんでこんなオッサンと一緒のチームになったんだ?」といった雰囲気に包まれ、全員黙り込んじゃいました。(^_^;)
※あくまでも、個人的直感です。

3試合を終えた後、スタッフから「チーム代えします!!」の声が聞こえたとき、チームメイトから「やっとこのオッサンと別チームになれる」という無言の安堵感が伝わってきましたよ。(笑)

チーム代えの後、新たなチームメンバーにも同様に自己紹介。
前の3試合で私のプレイを観て理解してたのか、チームメイトが私をチラチラ見ながら相手チームの上手い人に「本気で相手すんなよ!!」と忠告してくれました。
ありがとうございます。m(_ _)m

今回の個サルで気づいたんですが、「相手チームの弱点は徹底的に攻める」といった競技志向の基本中の基本でプレイされる方がいると、「完全に自分は足手まといになるな…」と思いました。
やはり、個サルもレベルを考えて参加しないといけませんね。(^_^;)

【おまけ】
面白いことに、私がスタミナ切れで殆ど動けず「さっさと抜いてくれ…」と思っているのに、相手は「こいつ、フェイントに全く引っかからん!!」というシーンが何度かありました。(笑)
こういうことってあるんですねぇ。(^_^;)
140503c.jpg
個サル | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示