2014/01/01

今年の目標

明けましておめでとうございます。(^_^)/

今年は自分の干支である「午年」です。
ええ、もう自称26歳…48歳ですよ。(^_^;)

この前、ランブレッタの小林さんに年齢を聞かれて「47です」と答えると驚かれてました。
最初は皆さんにそういう反応をして頂けるので嬉しいんですが…
140101.jpg

でも…
私のプレイに見慣れてくると、「ケンさん、もっと出来るでしょ?」という年齢を忘れた要求に変わるから困ります。(^_^;)
140101a.jpg

ですので、今年は私のプレイに対してもう少し労わってくれることを願います。
優しいパスとか、優しいマークとか、優しいコーチングとか…。(笑)


話は戻りまして…
恒例の「今年の目標」を発表しようかと思います。
それは…

空気を読まずにシュートを打ちまくる!!」

です。(^_^)/

いや~、昨年皆さんからのアドバイスの中で一番多かったのが、「ケンさん、シュート打たないんで怖さがない」ってことでした。
確かに、Mr.岬君を自負している私だけに、このアドバイスは「グサッ!!」と来ますね。(^_^;)

私のプレイは効率厨的な部分がありまして、「1%でもゴールの確率が上がるなら、自らのシュートよりアシストパス」という考えがあります。
その意識が強すぎてか、ノールックパスやシュートフェイクなどの技術ばかり磨いてしまって、自分のシュート技術を全く磨いてませんでした。(゚Д゚;)ハッ!!

勿論、エンジョイで蹴ってる時は空気を読もうとするので、脳内ゴール満足しています。
私がシュートフェイントしている時や無理にパス先を探している時は大体そうです。(笑)
まぁ、そんな時は「ケンさん、シュート打とうよ~」とよく言われますけどね。(^_^;)

ただ、昨年末からちょっと困ったことが起きてまして…
脳内ゴールを久々に実際に打ってみたら、相手GKに反応されて止められそうになったんですよ。(゚Д゚;)ナンダト…
なので、自分のシュートが100%決まると思ってても、ずっと蹴っていないと確率が100%を切ってしまうことを思い知らされました。(>_<)

なので、エンジョイでも日頃からシュートを打って行かないと、本当にシュートが下手になるなぁと思った訳です。
まぁ、シュートを遠慮するような年齢や実力じゃないんですけどね。(^_^;)

ただ、素人の私が無理に頑張ろうとしてシュートを打とうとすると、至近距離に相手がいようとシュートコースが無かろうと構わずに強烈なトゥーで蹴ってしまいます。
その為、過去に日向小次郎並に負傷者を出してしまいます。(>_<)
それがトラウマで、なかなか本気で蹴れないのもあります。
140101b.jpg

でも、今年は練習の為にガンガン打って行きたいので、皆さんヤバイと思ったら逃げて下さい。(笑)
多分、シュートモーションに入った瞬間に伏せないと逃げ切れないと思います。
特に敵味方関係なく、「こっちには飛んでこないだろ?」と思っているポジションの人程危ないです。(^_^;)
※顔面直撃で退場っていうケースが多いので注意。
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示