2013/09/06

久々の木曜リーグ

昨日はぱぱぱぱっしょん戦に照準を合わせて…久々にディノで行われている木曜リーグに行って来ました。(^_^)/
130906a.jpg

ここ最近のカナリア軍団はジャイアントキリングを巻き起こしており、現時点で4勝2敗1分。
多分、他のチームからも「何が起こったんだろう…」と思われていると思います。(笑)
今シーズンは、GKのバイソン君が入った以外は何も変わってないんですけどね。(^_^;)
130906.jpg

そんな我々の快進撃以上に話題となっていると思われるチームがあります。
「ぱぱぱぱっしょん」さんです。
未だ勝利はありませんが、昨シーズンの戦績からはとても考えられない程の得点を上げています。(゚Д゚;)ナンダト…

今日は、そのぱぱぱぱっしょんさんとの試合です。(^_^)/
130906b.jpg

試合前、エドゥー監督と「きっと、夏の暑さと湿度に強い東南アジア系の外国人助っ人が入っとうけん!!」と予想してたんですが…
普通に、フィジカルとサッカー技術を持ったガタイの良い3選手が新たに加わっていました。(^_^;)
ただ、昨シーズンに戦ったときにいた足元のある上手い高校生?がいませんでしたね。

試合の方はというと…
序盤はキミさんと清水さんの連携が上手く噛み合わず、ゴールが決まりそうで決まらない我慢の時間帯が続きます。
130906c.jpg

それでも、先制点を入れた後に相手のオウンゴールなどでこちらに流れが来ると、徐々に点差を広げてカナリア軍団ペースに。
130906d.jpg

前半は「4-1」で折り返しです。
130906e.jpg

後半に入ると、開始早々にCKからキミさんのゴールが決まり4点差に。
130906f.jpg

この時点でカナリア軍団にも余裕が出てきたのか、一方的に攻めまくります。
その攻勢に相手の運動量が落ちたのか、相手の攻めが前線にいるピヴォへのロングスローばかりとなります。
130906g.jpg

しかし、そのボールを殆どカットして、再びこちらのボールにするの繰り返し。
又、相手のセカンドボールへの反応も落ちていたので、後半は終始カナリア軍団ペースでした。
130906h.jpg

こういう一方的な展開になると、どうやら清水さんや都甲さんはやる気がダウンするみたいです。
完全に流してプレイしてましたね。
そのツケが全てGKバイソン君の魅せ場へと変わったのは言うまでもありません。(笑)
いや~、本当にナイスセービングでした。(^_^)/

結局、「10-2」で終了。
堀さん、松下さん、岩ちゃんの主力なしでのこの結果はすごいと思います。(´・ω・`)
130906i.jpg

てことで、シーズン前半は5勝2敗1分の好成績で折り返し。
皆さんから「勝ち越し=ジョイフル」の声が徐々に上がってきそうですね。(笑)
皆さん、お疲れ様でした。(^_^)/
130906j.jpg


んで、ケンさんはというと…
まぁ、左膝が痛くてろくにボールが蹴れないくせに、苦手な競技志向のゲームに出るんですから結果は見えてますよね。(^_^;)
それでも、ぱぱぱぱっしょん戦なら…と思ったんですが、考えが甘かったです。orz

スタート時はいつもの様に舞い上がってしまい、キミさんから「ケンさん、また動きすぎ…」といつもの注意をされる有様。(゚Д゚;)ヤッチマッタ…

又、後半の2失点目は、私の相手ピヴォに対するポストプレイへの対応のマズさからでした。
相手カウンターで、ゴール前にいるピヴォに付くかフリーでドリブルで上がってくる相手に付くか悩んだんですが…
ボールを持っているプレイヤーがピヴォに1度当てるなと判断し、反転からのシュートをさせないように相手ピヴォに付いたんですよ。
んで、ボールを当てたと同時に後ろから足を伸ばしてカットしてやろうと思ったんですが…
そのままダイレクトに落とされ、ワンツーを食らってそのままゴールを決められてしまいました。(>_<)

後でカズ君から、「相手ピヴォに当てるのが解ってたら、そのパスをピヴォの前でカットすれば良かったんですよ」というナイスなアドバイスを受けました。(゚Д゚;)タシカニ…
なるほど…。
失点に絡んでしまいましたが、何かいい経験が出来たと思います。

今回の良かった点はというと…
ボールを奪うまでは無理なんですが、相手のドリブル突破にしっかりと体を入れて止めれるようになったことですかね。(^_^)/
でも、その代償に新しく青アザが3つ増えてたので、ちと考えようです。(^_^;)
木曜リーグ | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
相手PIVO当てへのインターセプトって、言うのは簡単ですが、我々i-25未経験者にとって意外と難しくないですか?
私はいつもインターセプトされまくっているのでv-390、逆にやり返してやろうと思っていたんですが、
①常に相手との微妙な距離(遠からず近からず)を保つことを意識し、なおかつパサーの動き(目線やパスモーション)にも気を使わないといけない(気疲れv-390
②相手との微妙な距離を保つことでも体力をジワジワ消耗するのに、インターセプトの時は当然ですがダッシュしないといけない。(体力は攻撃時に取っておきたいのに…)
③そしていつものように体力が消耗すると頭が真っ白になる(インターセプトへの意識が飛ぶv-393
守備専門で守備(インターセプト)したら、すぐボールを味方にパスするだけなら可能かもしれませんが、それじゃあ面白くないし…。
そのあたりやはりi-25経験者は普通にやってますし、ポストプレー(ボール保持者のキープ時)時の体の使い方等、経験の差は大きいんじゃないかと思います。
基本的にi-25未経験者の意識は攻撃>>>守備ですからねv-392

追伸 ようやく夜が涼しくなって「走れる」ようになったのですが、若者は更に「走りまくれる」ようになり彼我の差は開く一方です…v-406
No title
シェバさんへ>
確かにオジサマには瞬発力がないので、前でパスカットするのは勇気がいると思います。
今回は、たまたま前に出るだけの余裕(時間)がありましたし、もしパスを出すのを急に止められても、そこでドリブルが止まってたハズなのでチャレンジしても良かったと思いました。
ただ、余程の余裕がないと、確かに難しいですね。(^_^;)

私が個サルでこのようなパスカットをする場合は、ルーレットでパスカットして魅せてます。(笑)
ちょっと説明が難しいですが…
パスカットで伸ばした足をそのままボールの上に乗っかり、そのままルーレットで反転して前を向いてドリブルするって感じです。(^_^)/

管理者のみに表示