2013/05/04

アラのフェイク動作について

個サルで私がフィクソの位置にいる時によくある現象なんですが…

ダイアモンドの陣形の時、自分がフィクソでボールを持っていた時です。
両サイドの味方アラにパスを出したいんですが、両アラとも敵がマンマークに付いててパスが出せない。
困っている間に、自分の正面にいる相手ピヴォが寄せてきて詰まっちゃうというパターン。

味方の両アラは「何でパスを出してくれないんだ?」と思っている様ですが、敵のマーク位置を把握していないのかその場でパスをじっと待っています。
「あ、いや、君の後ろにいる敵さんが、めちゃパスカット狙ってるんだけど…」といつも思っちゃいます。(^_^;)

これから紹介する動画は、アラの位置でパスを貰う為のフェイク動作です。
脱初心者レベルのプレイかも知れませんが、覚えて損はないと思います。
底でボールをキープできない私にとっては、これをやってくれると大変助かります。(^_^)/

URL→http://www.youtube.com/watch?v=oZiPNnoVZnY


これをチームで練習する上で注意する点が1つあります。
それは、「ディフェンス役は、しっかりとマークに付くこと」です。

もし、相手ディフェンスがしっかりついて来なければ、アラはそのまま縦に抜けてパスを貰ってもいいんです。
でも、形ばかりの練習だとその2択の意識が抜けてしまい緊張感のない練習になってしまうので、ディフェンス役もしっかりマークしなくてはいけないということです。
動画 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示