2013/01/20

エンジョイ定義の難しさ

国内のフットサル大会では、「超ウルトラ絶対スーパービギナーズ<超ウルトラスーパービギナーズ<ウルトラスーパービギナーズ<ウルトラビギナーズ<スーパービギナーズ<ビギナーズ<オープン」といった感じでレベル分けがされていると思います。

今までエンジョイ大会は、超ウルトラ絶対スーパービギナーズより下に位置する大会だと思っていたんですが、最近はそうでもないみたいですね。(^_^;)
どちらかというと、ミックス大会やO30大会などの別カテゴリーに属する大会のような感じがします。
これは各施設の主催者さんが色々と試行錯誤した上で、こういう区別にになりつつあるものだと考えています。

超ウルトラ絶対スーパービギナーズ大会でオープンクラスのプレイヤーがいた場合、技術差は明らかなので大会規約に沿って途中でプレイ中止をお願いすることが出来ると思うんですよ。
でも、エンジョイ大会の「エンジョイ」の判断基準は、技術ではなく「楽しむ」という曖昧な基準なので、本当に主催者泣かせだと思います。(>_<)

例えば、オープンクラスのチームが「結構、レベルを落として楽しんでるんだけど…」と思っていても、初心者クラスのチームからしてみれば「全くついて行けずに楽しくない…」というケースは多々あると思います。
大会規約では「非競技志向」「経験者数限定」と書かれていても、判断に苦慮したり曖昧になりがちですしね。(^_^;)

この場合、大会参加チーム数が「オープンクラスのチーム>初心者クラスのチーム」の場合は初心者クラスのチームが我慢し、逆に「初心者クラスのチーム>オープンクラスのチーム」の場合はオープンクラスのチームが初心者クラスのチームレベルまで落としてプレイしているのが現状かと思います。

ただ最近は、「得点はつけるものの勝敗による順位は決めない」という施設も出てきています。
個人的には現フットサル事情に最も適したスタイルで、これならフットサルを始めようという方々にとっても良い入り口となる大会だと思います。(^_^)/


では、エンショイ個サルではどうなの?というと…
これが難しいんですよね~。
大会と違って明確な規約とかないですし、そこまで厳密にしなくても…という雰囲気はありますし…。(^_^;)
更にチーム以上に「個」の集まりなので、エンジョイの判断基準は様々で解釈の幅がより広くなりますしね。

ただ、個人的経験で言えることは…
・上級者が多いエンジョイ個サルでは、初心者側が我慢する。
・初心者が多いエンジョイ個サルでは、上級者側が初心者のレベルまで落としてプレイする。

ということは確かです。

それを考慮しながら、自分のレベルにあった個サルのサークルやイベントを捜すというのがベストのような気がします。

それでも人の流れは不思議なものでして、月日が経つにつれてベストと思っていた個サルでもレベルが徐々に変化して行きます。
なので、それに合わせてまた自分のレベルに合った個サルを捜すことになるでしょうね。
私はそれの繰り返しです。(笑)

特に高齢者のサラーは年々体力と技術は衰える一方なので、自分達が楽しく蹴れる個サルの場所は本当に限定されてしまいます。
しかも、初心者女性と一緒の位置づけでプレイするには、まだまだ周囲が納得してくれませんし…。(^_^;)
※そろそろミックス大会で、「45歳以上の男性は女性扱い」という追加ルールが欲しいですね。
というか…
女性と同じ扱いの小学生の方が、明らかに45歳以上のオッサンより上手いですよ。(笑)


なので、レベルが高くて厳しい環境でも我慢して蹴るか、数限られた場所でひっそりと蹴るかの思案のしどころです。
勿論、私の場合は「後者」を取りますよ。(笑)


【おまけ】
エンジョイで蹴っているとき、よく相手ゴール前でGKと至近距離で1対1になるケースってありますよね。(^_^;)
この時、シュートを打つにはコースないし、ループも近すぎて打てないしってケースも…。
そこで、このシュートならお洒落で決められるのでは?と思いました。

チェリーバンバンのなりさんに見せたところ「おおっ!!」と反応がよく、個サルでチャレンジ(ミスりましたが…)したら、小山さんから「やりたいことは判った」と言ってくれました。

やり方は、足裏でボールを2回程バックステップさせ相手GKを手前に誘い出した後、この動画の技でシュートするというものです。
動画では女性の方でも簡単に出来ていましたので、よかったら試してみて下さい。(^_^)/
URL→http://www.youtube.com/watch?v=i8hcNtle9-o
日記 | Comments(5) | Trackback(0)
Comment
フリー(オープン)とビギナークラスの間がエンジョイクラスとしている施設が多いです@関東。
しかし、どちらにしてもクラスの名称なんて便宜的なもので、主催者の勝手な決定です。
エンジョイという言葉の定義まで考えて、ビギナーの上か下かなんて議論は無意味です。
何段階あるクラス分けの何番目か、大事なのはそちらの方です。
あと、個サルのエンジョイとは使い方がまた違ってると思います。
最底辺のクラスで10-0とかでボコってるチームは不愉快ですよね。
No title
フリークさんへ>
成る程、関東ではそうなんですね。
今回は「エンジョイ」について色々と語りましたが、フリークさんの様にフットサルが盛んな地域からご意見を頂き、大変参考になりました。m(_ _)m
No title
我々みたいな気配りプレーヤー(相手GKを怪我させたくない)には動画のシュートはマスターしたいですねv-291
エンジョイの定義ですか?まず、自分が楽しむ!んで、即席チームメイトに楽しんでもらう!
失敗してみんなに笑ってもらう!ってのは心がけてますよ?
No title
シェバさんへ>
>相手GKを怪我させたくない
そうなんですよ…
自分がGKの立場になったことを考えてしまって、自分でシュートを打たずについつい味方への強引なラストパスで逃げてしまいます。(^_^;)
なので、毎回「ケンさん、今の自分でシュート!!」とよく言われます。(笑)

なるまろさんへ>
エンジョイの定義と大げさなタイトルにしていますが…
皆さん個人個人の楽しみ方があるので、何が良いとか悪いとかはないです。
あくまでも個人的主観で書いてるだけなので、皆さんのエンジョイに対する捉え方は様々であっていいと思います。
ただ、なるまろさんの仰るとおり、参加者全員が楽しく蹴れるよう心がけてプレイして行きたいですね。(^_^)/

管理者のみに表示