2012/11/12

FIFAフットサルW杯2012 日本 vs ウクライナ

昨日はケセラ活動の為、試合をスポーツバーで観ることが出来ませんでした。
ディノで試合結果だけを聞いたとき、後半リードされててパワープレイが裏目に出て失点が重なったのかな?と思ってましたが…

ようつべでダイジェストを観ると、前半で6失点だったとは…。(>_<)
でも、後半のパワープレイで3得点、しかも無失点で取り返したことは、日本の諦めない姿勢やパスワークの上手さを世界に知らしめたと思います。(^_^)/
又、初の決勝トーナメント進出したことは、日本のフットサルレベルが年々上昇していることを証明しています。

なのに…
なんでTV局は地上波で全国放送をしないかなぁ~。(^_^;)
サッカーで例えると、今回のウクライナ戦は日韓W杯でいうトルコ戦、南アフリカW杯でいうパラグアイ戦と同じレベルですよ!!
本当に凄いことなんですよ!!

一見、サッカーと比べて知名度が低いように感じられますが、私はそうは思いません。
日本国内のフットサル競技人口は370万人、サッカーは750万人と言われています。
数字的にはサッカーの半分ですが、フットサルの競技人口は急成長中で、個人的見解としては今年は500万人近くまで伸びると予想してます。
又、サッカーをやっている小学生や大学生などはフットサルもやっているプレイヤーも多いので、実際はもっといるのではないかと思います。

そんなフットサル競技の普及を予測して、TV局のどこかの1社だけはフットサルW杯を地上波で全国放送する英断をして欲しかったです。
4年後、8年後には、フットサルのW杯なら○○放送だなと浸透する程の絶好の機会だったんですよ。

と、グチを言ってもしょうがないので…
フットサルの競技人口が少しでも増えるように、多くの方にその楽しさを知って頂けるように、頑張ってブログを更新し続けていこうかと思います。

日本代表の皆さん、夢と感動をありがとうございました。

121112.jpg

最後に、日本サッカー協会の大仁会長に一言。
帰りは選手全員をビジネスクラスに乗せてあげてください。
よろしくお願いします。m(_ _)m


【W杯動画】
今回の日本代表Wキャプテンの1人、小暮賢一郎選手。
私に再びフットサルの楽しさを教えてくれた選手です。
日本代表選手としての功績は皆さん十分ご存知だと思います。

しかも、決勝トーナメントのウクライナ戦は小暮選手の誕生日だったんです。
多分、チームメイトも解ってて、今まで頑張ってきたキャプテンの為にも勝ちたかった試合だったと思います。
前半を「0-6」で折り返すも、最後まで諦めず戦う姿勢を見させたキャプンシーは本当に素晴らしかったと思います。

帰国後も、Fリーグでまた素晴らしいプレイを見せて欲しいと思います。(^_^)/

・ウクライナ戦前のイタビュー
URL→http://www.youtube.com/watch?v=2SKxHpLdP9w


・後半の3ゴール
URL→http://www.youtube.com/watch?v=GDbyvTM_5ck
日記 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
サッカーをやっている小学生や大学生を含め、1年に1回やる人諸々を含めた数字が370万人という競技人口です。誇大的な計算です。そしてこの数字の伸びは完全に鈍化しています。Fリーグも当初の思惑と違い、完全に伸び悩んでいます。TV局は数字が全てのシビアなビジネスの世界です。フットサルは現状まだまだ金にならないと判断したのでしょう。厳しい事を言いますが、フットサル贔屓が過ぎて、現実が見えてない意見になっています。ただ、自分もフットサルは大好きです。これからの発展を願って止みません。
No title
フリークさんへ>
貴重なご意見、ありがとうございます。
確かに文章が感情的になり過ぎていたと反省しております。m(_ _)m
今回のワールドカップで、少しでもフットサルに興味を示して頂ける方が増えることを願うばかりです。

管理者のみに表示