2017/04/09

実戦を意識して練習

基礎練の対面パスで、足裏トラップからのインサイドパスってよくやりますよね。
しっかりと足裏でボールを止めてインサイドで蹴りだすやつ。

んで、この次の段階の練習でやる内容が多分コレ。
URL→https://www.youtube.com/watch?v=5mpnjDmeR2Q


足裏でトラップした後に左右にボールを舐めてインサイドでパスを出す。
これってゲームでもよく使うんですが、よく使うプレイだけあって最初の対面パスの基礎が出来てないと初心者の人にとっては難しかったりします。

私がこの練習を見てて注意してる点はというと…
「ルックアップ」「左右に転がすボールの距離」の2つです。

トラップの瞬間はボールを見ててもいいですが、ボールを貰う前やボールを左右に転がしている時に顔を上げて周辺視しなければなりません。
でないと、次の自分のベストな行動の選択肢がパスなのかキープなのかドリブルなのかの情報が得られませんよね。

あと、左右に転がすボールの幅が短いと、自分についたDFが簡単に対応できてしまいます。
しっかりと左右にボールを振らないと、パスコースが作れないので注意。

てことで、まずはこの2点を意識して今回の動画を見直して下さい。
「あ~、なるほど…」と解るハズです。
単に形だけの練習にならない様にゲームを意識してやってみて下さい。(^_^)/
私みたいに失敗しない様に形だけに拘ってしまうと、実戦で使えないということが多々ありますので…。(^_^;)
初心者向け | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |