2010/09/30

ひゆ虎

今日は朝9時から某公園で、ひゆ先生とマンツーでインステップキックの特訓をしてきました。(^^/
100930.jpg

まず、最近蹴れるようになった自己流のインステップキックを見せると、「ケンさん、それカットキックです」と言われ愕然…。(´д`)アリャ~
という訳で、1から順を追ってインステップキックの蹴り方を学んでいきました。

ひゆ先生の話だと、インステップキックは日を置くとすぐにフォームが崩れて上手く蹴れなくなってしまうということなので、コツやポイント的みたいなことをメモ帳代わりにブログに書き残しておこうと思います。

1.軸足をしっかり踏み込む
これは今まで皆さんからアドバイスを頂いた「軸足に体重を乗せる」ということと共通していると思います。
最初は助走をつけずに軸足の踏み込みだけでシュート練習をしました。
これを「1軸シュート」と言うらしいです。
この踏み込みがしっかりしているかどうかで、シュートの威力が随分違ってくることを実感できました。(^^/

2.腕を大きく振る
蹴り足を降ろすと同時に、左腕(利き足が右)を大きく掻き分けるように振ります。
足を振り下ろすときは、膝下を振る感覚をつかむ為に「膝→膝下」といった感じで振り下ろすと良いみたいです。

3.前傾姿勢と胸張り
ボールを前へと強く蹴り出すために、前傾姿勢で背中を丸めずに胸を張る感じで蹴り足を振り抜きます。
個人的感想として、前傾姿勢になると軸足と蹴り足の距離が離れずに威力あるボールが蹴れました。
腕相撲でいうと、拳を肩に近づけて腕を倒す感じですかねぇ。

4.腰の回転と体重移動
足を振り抜くと同時に体重を乗せたまま腰を前へと移動させ、右腕(利き足が右)を後ろ方向へと引きます。
上手く行くと、蹴り足がそのまま軸足となるように前へと踏み出します。
これが「2軸シュート(最初が左足が軸、2回目が蹴り足が軸)」と言うみたいです。
これは瞬時で行うことなので、意識してしまうと動きが止まってしまいます。(^^;
何回も蹴って自然に身につけていくしかないですが、結構これが最後の勢いをつけるための重要な要素となっています。

5.ミートの瞬間
ミートの瞬間だけ足首をしっかりと固定します。
足を振り下ろす前から固定してしまうと体全体が変に力んでしまい動きが硬くなってしまうので注意です。

といった感じで要点を書きましたが…
フォームが確立するまでは、常に何処かが抜けてしまう「もぐら叩き状態」になります。(^^;
私の場合、手順を意識してしまうとガチガチになるので、ひゆ先生の蹴りを見た直後に「こんな感じかな?」と蹴った方が案外上手く行きました。(笑)
なので、インステップキックの上手い人の傍で練習すると、自分の悪い部分を直ぐに見つけやすいのかもしれません。

その後、ある程度フォームができたところでボールを動かしてのシュート練習をしました。
要するに、ステップとタイミングをはかってのシュート練習です。
※勿論、ひゆ式練習では左右の足それぞれでシュート練習をします。

・足裏で前に転がしてのシュート。
・アウトサイドで前に転がしてのシュート。
・インサイドキックフェイントからのシュート。
・インステップキックフェイントからのシュート。
・前からのパスに合わせてダイレクトシュート。

※体を寝かせてふかさないようにする。
・後ろからのパスに合わせてダイレクトシュート。
・左右からのパスに合わせてダイレクトシュート。

※パスのボールを後ろから追うようにして蹴るとタイミングを合わせやすい。

といった感じで、5時間かけてのインステップキックの練習が終了。
今までにない威力あるシュートが何度が蹴れるようになりました。(゚Д゚)オオ~!!
後は、個サルで暇さえあればシュート練習ですね。(^^/


そして夜の8時からは、九電記念体育館前に場所を変えての練習です。
100930a.jpg

参加者は「0」だったので、ひゆ先生とマンツーで4時間程「パス&トラップ」をメインに練習しました。
今回の練習はより実践的要素が高く、動きながら相手のマークを意識しつつパスやトラップの練習をしました。
特に、トラップ後に如何に相手のマークを振り切るかというフェイク要素も加わっているから大変です。(^^;
何というか、ドラムを叩きながらハーモニカを吹くみたいな感じで、アレもコレもやらなくてはいけません。(笑)
しかも、午前中にやったインステップキックのモーションフェイクを積極的に入れていくので、インステップキックのフォームがしっかりできていないとフェイクにならないんですよ。(^^;
しかも、トラップ後に2~3タッチのナメが入り、更に首フリや上半身のフェイクも入るので、結構混乱してしまいます。(;´Д`)ノタスケテ~

特に、利き足でない側のナメの下手さとインステップキックのフォームが定まってないのが致命的でした。(涙)
あと、インステップキックフェイントを入れたボール前ナメですかね。
これが本当にダメダメでして…。orz
軸足が結構ボールの後ろで、しかも踏み込み、腕フリ、足の振り下ろしが瞬時に同時で行うのが結構難しいんですよ。(^^;
ひゆ先生が丁寧に教えてくれるのですが、コレばっかりは高倉健のように「本当に不器用ですみません」って感じでした。m(_ _)m
ひゆ先生曰く、種さんが上手かったということだったので、今度コツを聞いてみようと思います。

【おまけ】
ここ最近、股抜きを結構喰らってたんですが…
その状況をひゆ先生に分析してもらい、理由が判明しました。(^^/
これで、股抜きは結構減ると思います。
「芹さんを参考にするといいですよ」とひゆ先生言われましたが、もう目の前で勉強できないのが残念です。
クリニック | Comments(2) | Trackback(0)
 | HOME | Next »