2010/02/28

ちょっと、やりすぎだろ(^^;

ふと気づくと、今週は7日のうち5日もフットサルをやってました。(^^;
先週末を含めると、9日のうち7日ですよ。(゚Д゚)オイオイ
どうしようもないフットサルバカですねぇ。(笑)

今日は午前中にレベスタ地下でなるまろさんのフットサルをした後、午後はネカフェで仮眠。
夕方からはNGの練習見学です。

おや?

先週と全く同じスケジュールですねぇ。(^^;
なんかデジャブに襲われそうです。
「先週のブログ記事をコピペしてもバレないんじゃねぇ?」という誘惑を振り払いつつブログを書くことに。

ということで、疑惑を抱かせないように写真もアングルを変えて撮影。(笑)
朝9時前にレベスタに到着。(^^/
100228.jpg

今日も20人以上集まり、お世話になっているクロブチさんのチームを含めた4チームでゲームを回しました。
100228a.jpg

今回も「マッキー&トッピー」さんと一緒のチームでスタート。(^^/
いや~、このお2人はノリがよくて、私のくだらないジョークにも話を合わせてくれるので助かります。(笑)
100228b.jpg

今日の課題は「腕、背中、腰を使ったボールキープ」だったんですが、考えてみればエンジョイゲームでそれはありえんなということで課題を変更。
新たな課題は「積極的にゴールを狙う」にしました。
というのも、ここ最近また岬君病が出てきたので、その修正をしなきゃと思ったわけです。
100228g.jpg

そのチャンスは2ゲーム目から巡ってきました。
ピッチ中央でボールをカットし、そのままドリブルしてゴール前でGKと1対1。
昨日の個サルでやった足裏舐め即シューでGKを華麗にかわしゴール。キタ━(゚∀゚)━!!
やっぱ、フットサル用のゴール枠サイズなら入るんだなと確認。(笑)

その後、キックオフ直後に右サイドでボールを貰い、正面が空いてたのでセンターサークルからトゥキックでミドルシュート。
そのボールは無回転で飛び、 「バコーン!!」と音を立てながらゴール左上隅バーを直撃!! (・Д・;) エッ、ナ、ナニガオキタノ?
100228e.jpg

ギャラリーから「おおっ!!」と歓声が…。
結局、跳ね返ったボールが飛びついたGKの後頭部に当たり、そのままゴールラインを出てコーナーキックへ。

「いや、漫画みたいな演出はいらないんで、ゴール内に跳ね返ってくれよ~」

と思いました。(^^;
でも…

ゴールのド真ん中に蹴ったはずなのになぜ?

という思いが先に…。(^^;
本当に不思議なシューズです。
ある意味、トゥキックを蹴らせればこのシューズは最強かも。(笑)

それ以降は、いつもの原因不明の膝下石化現象が発生し、gdgdプレイで終了。
ひゆさんの言っていた通り、体の芯に残った疲労が抜けていないような気がしました。
来週土曜日まで「休足日」にし、マッサージでも受けに行こうかなぁと思います。

午後はいつものネカフェで休息。
今回はしっかりと仮眠をとりましたよ。(笑)

んで、夕方5時から再びレベスタでNGの練習見学。
来期に向けたミーティングが最初に行われる予定だったんですが…
まぁ、いつもの通り夕方5時丁度には集まらなかったので、先に到着していた福さん、尾辻君、私3人で役職を決定。
会長:尾辻君
監督:福さん
広報:ケンさん

んで、4番目に到着した中山君がキャプテン。(笑)
試合では監督の福さんが試合映像を携帯で尾辻君に送り、鹿児島にいる会長の尾辻君が選手交代を指示するという新戦術。
どっかのセリエAのチームみたいですねぇ。(笑)

その後、みんなが集まってマジモードでミーティングが行われ、先の役職が即却下されました。(´д`)アウ~

チーム練習では人数不足により、急遽私も交代要員で参加することに…。(lll゚Д゚)ヒィィィ~
100228c.jpg

でも、私がヘルプで入るチームは、直さん、種さん、芹君、福さん、山さんというO30大会を彷彿させるメンバー。
私はというと、「20台そこらの若造どもにやられる訳には…」という熱い思いが沸き上がったんですが…
1回、ヘルプに入った直後、ハードなプレイに押されて熱い思いが引いちゃいました。(^^;

その後、ゲームは一進一退の好ゲーム。
そんな中、私がヘルプに入るとボールが回らなくなったり守備範囲が広がってしまうので、チームメイトに余計なスタミナを使わせてしまう有様。(涙)
そのツケが後半に響き、終始相手チームに押されてしまいました。
すんません。m(_ _)m
100228d.jpg

この貴重なゲーム参加で、個サルとは違うトップレベルの戦い方というのが少しながら解ってきました。
それは…
ひゆさんも言ってたんですが、フットサルやサッカーに共通する「基本的な技術」をしっかり身につけることが必要ということです。
今回、ピヴォの位置でプレイしていたんですが、どうも上手く行かずに種さんから色々とアドバイスを頂きました。(^^/

まず、相手のマークの仕方についてのアドバイスです。
1.相手をマークするとき、視線がボールに行かないように顔を上げること。
2.相手にプレスをかける場合、最も底にいるプレイヤーを追い、ボールを追わないこと。
3.フィクソが中へと上がりそれを追っかけた場合は、最後まで追っかけること。


1のケースであえて顔をいつも以上に上げたら、2の注意点であるボールを追う悪い癖が減り、相手フィクソをしっかりマークできるようになりました。
個サルではプレスをかけた後のボールカットを仲間に任せるというチームプレイができないので、1人で底にいる相手2人を追っかけてしまった結果、ボールを追ってしまうという悪い癖がついてしまってたんですね。(^^;

次に攻撃時でのピヴォ役としてのアドバイスです。
1.ポスト位置でしっかりとボールを落とせるようなポジショニング。
2.裏に抜ける時のスピード。


1のケースでは、相手DFを振り切るように裏へ抜けるような動きばかりしてチョロチョロ動き回ってしまい、味方がポストで落としたい時にいなかったというケースが多かったようです。
このアドバイスは、GANTSの久保さんやGRANLOOPの斉藤さんからも同じアドバイスを受けていたことを思い出しました。(^^;

個サルでは、何回か相手DFを振り切ると追っかけて来なくなり、フリーでパスを受けれることが当たり前だったんですが…
昨日の練習では研君や尾辻君にずっとマークされて、フリーでボールを受け取る状況は全くなかったです。(^^;
県リーグクラスでは終始マンマークに付かれるのは当たり前なんですね。(^^;

んで、やっと悟ったのが「ゴール前で左右に裏を取ろうと動きまくっても、あんまし脅威ではない」ということです。
逆にそんな無駄な動きで疲れてしまい、肝心な時にボールをコントロールできてない、走れていないというのが昨日の状況でした。

それだったら「変に動き回るより、どっしりとポスト位置で相手DFを引きつけて味方をアシストした方がいいんじゃね?」と思いました。
その場合必要となってくるのが、マークされている相手からのプレッシャーに耐える為のキープ力です。
ひゆ先生に教わった「腕や背中、腰を使ったキープ」がここで初めて役に立つんですね。
今まで、個サルでは「そういう状況になってから試してみる」といった感じでしたが、「ベストなプレイがそういう状況を生み出す」ということに気づかされました。(゚Д゚)ソウダッタノカ…

あと2のケースです。
マンマークで常に自分の前へと付かれてしまうので、瞬間的にマークを引き離す技が必要ということです。
私はダラダラと裏スペースへと走るだけで、瞬間的に引き離す動きはなかったですねぇ。
これも、ひゆ先生から教わったフェイクをスッカリ忘れてました。(^^;
今、思い起こせば「縦横のフェイク動作で十分良かったのではないか、あの走りはかなり無駄だったのでは?」と後悔するばかりです。orz

ということで、今回は競技思考でのプレイの厳しさを教えられた練習でした。
でも、O30の大会で感じたプレイの「違和感」がなくなり、何ができてなかったのかという「根拠」が徐々に理解しつつあるので、ちょっとは成長した感じがします。
問題は、実践でそれに対応したプレイができるかどうかですね。(^^;

種さんを始め、厳しくマークに付いてくれたNGの皆さん、どうもありがとうございました。(^^/
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »