2009/11/30

県リーグ2部・9節

昨日は午前中の谷口さんの個サルを終えて、直ぐにホークスタウンへMINDさんの応援に行きました。(^^/
高所恐怖症で都市高速経由のバスが嫌いなケンさんは、相変わらずダイヤが少ない城南線経由のバスで向かいます。(^^;

んで、Cコートでは丁度前の試合が終わったところで、いよいよ「MIND vs YELMO」戦です。
091130.jpg

試合展開はというと…
MINDさんはハーフウェイラインまでしっかり戻り、前線の2人が左右交互に頻繁に速いプレスを仕掛けていました。
「すげぇ、よく素早く何回もプレスを仕掛けられるなぁ…」
と、スタミナ量に感心して観ていました。(^^;
そんな厳しいプレスが奏して相手のパス回しが多々乱れ、一気に2人で取りに行ってカウンターへと上手く繋げていました。

又、ボールを奪った後は両サイドにパスを出してコーナー近くまでドリブルで上がり、ダイレクトで中へと入れた「速いパス」を中央後ろから詰めたプレイヤー(又は逆サイドから詰めたプレイヤー)がシュートを打つという素晴らしい連携プレイを魅せてくれました。
「中へと入れるパスがあれだけ速ければ、マークを外してゴール前でフリーにシュートを打てるなぁ」と思ったと同時に、パス精度や詰めるプレイヤーのシュートコントロールの難しさを感じました。

ただ、このサイド攻撃を繰り返しているだけでは、やはりサイドでのドリブルマークが徐々に厳しくなってきます。
すると、別パターンのサイド攻撃をやってたのを観ました。
※私の勘違いでしたらすみません。(^^;

それは…
091130c.jpg
①サイドをドリブルで上がって行き…
②マークが厳しくて中に早いパスが出せないので、一旦後ろにボールを戻します。
③後ろへのパスと同時に、ゴール前へと走ってワンツーパスを貰う体勢に。
④その時、別の選手がオーバーラップしてきて、同じサイドへと駆け上がりフリーでパスを貰います。
といった「ダブルサイドアタック」みたいな感じでした。
これを観て「凄ぇ~、よく動き回っているなぁ」と関心しました。

その他、良かった点として、後半中を固められたときもゆっくりパスを回しながら、サイドへの走り込む選手にダイレクトでパスを出すなどして、攻めの緩急をつけていたことです。
又、ボールを奪った直後、体勢が整っていないのに慌てて前へとパスを出すところを「パスを回して落ち着け!!」とペンチからしっかりと声が出ていたのも良かったです。
ある意味、この落ち着いたプレイが「無失点」に繋がったのでは?と思いました。

というわけで、今回の試合を観ててMINDのみなさんは色々と反省されていましたが、個人的には「2点目の追加点は絶対MINDさんが取るだろうし、その時点で勝ちかな?」と安心して観ていました。
ここ3試合、MINDさんの調子が上がっているので、次節も楽しみです。(^^/

【今日の注目選手】
昨日、MINDのとく君(23)から「ブログに載るように頑張ってます」と言われました。
※多分とく君だったと思いますが、間違ってたらスミマセン。m(_ _)m
いや、上手いプレイヤーなんで書きようがなくて…。(^^;

以前から新たなバランサーとして注目しているのがとく君(23)。
PUMA CUPでは、MINDの監督さんに「あんなにドリブルで切り込める選手いましたっけ!?」と尋ねる位、彼のプレイに衝撃を受けた記憶があります。
といっても、最近はチームの役割的にボールをコントロールをする立場なので、なかなか華麗なドリブルは観れませんが…。(^^;
でも、得点がからむシーンに彼がいるのをよく観ます。
やはり、ゴールに対しての良い嗅覚を持っているんでしょうね。
まだまだ若いですが、今後のMINDさんの主軸となるプレイヤーとして期待しています。(^^/
日記 | Comments(6) | Trackback(0)
 | HOME | Next »