2017/05/25

なでしこ&パパ・ママフットサル

話は少し遡りますが…

先週の日曜日、ウルトラエンジョイ大会が終わった後に眞武さん主催の個サルに参加してきました。(^_^)/
高齢者でもゆっくり蹴れる個サルはないかと探していた所、たまたまこの個サルを見つけた次第です。
170525.jpg

当初は第1回目となる江口コーチのクリニックに参加するつもりだったのですが…
大会後の体力の消耗が激しく、苦渋の選択で緩く蹴れるこちらを選択しました。(^_^;)

この個サルは、パパさんとママさんが集まってプリメーラ・セレージャさんと対戦するという内容。
170525a.jpg

しかし、予想以上の白熱したゲームが繰り広げられ、私はそのスピードと運動量に付いて行くのがやっとでした。(゚Д゚;)ヤバカッタ…
170525d.jpg

でも、褒め上手の眞武さんが私のプレイを見て何度も褒め殺しをしてくれるので、何とか元気を取り戻して最後まで動くことができました。(笑)
170525b.jpg

怪我が治ったら、是非また参加してみたいと思います。(^_^)/
170525c.jpg
個サル | Comments(0) | Trackback(0)
2017/05/24

メイキング動画

昨夜から今日にかけて、皆様からの温かいお見舞いのメール、LINE、コメントを頂きありがとうございます。m(_ _)m
また皆さんと一緒に楽しく蹴れるよう、回復に努めたいと思います。(^_^)/

今回はフットサルから離れまして…
最近話題となっているドラクエCMのメイキング動画を見つけたので紹介したいと思います。
それにしても、小野伸二選手の勇者姿は似合ってますよね。(笑)
最後の勇者同士のリフティングがシュール過ぎてワロタ。ww

URL→https://www.youtube.com/watch?v=VLBdyXU0O5w
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
2017/05/23

恐れていたことが…

昨日、エンジョイ個サルでの経験者プレイヤーに対して思うことをブログで書かせて頂きました。

んで、その日の夜…
超エンジョイ個サルに参加していたら、とうとう犠牲者が出ました。
はい、私です。orz
170523.jpg
※撮影は病院のスタッフに許可を取ってます。

利き足の足首外側と内側の両方を捻りまして、激しい痛みと痺れで痙攣状態。
今までとは比較にならない痛みだったので、救急車を呼んで頂き病院へと搬送されました。
対応して頂いた施設スタッフの皆さん、個サル仲間には本当に感謝です。m(_ _)m

状況はどうだったかと申しますと…
中央から勢いよくドリブル突破を試みるサッカー経験者の若者に対し、ゴール前で味方DFがあわや正面衝突するような感じでボールをカット。
そのカットしたこぼれ球が私の前にゆっくりコロコロと転がってきたので、そのボールを拾って反転し前へとボールを運ぼうとした時でした。
ドリブルを止められた若者がボールを奪いに後ろから足を出し、ボールごと私の足を刈ったのです。

予兆はありました。
一緒に来ていた友人達からゴールを競うような会話やドリブルメインのプレイ。
勿論、そういうプレイヤーには接触しないように、自ら一定の間合いをキープしてディフェンス対応をしていました。
ただ、真後ろから足を出してボールを奪いに来るとは思いもしなかったので、自ら転んで回避する動作も取れずに大ケガへと発展しました。

ただ、私はその若者を問い詰めようとは思いません。
数ヶ月前にも同じピッチで接触プレイにより膝の靭帯を断裂する事故がありました。
怪我された方はその犯人を必死に捜そうと、施設に来てた当時の参加者一人一人に聞き取りをする痛ましい光景を観ているからです。

確かに私も激しい怒りと憤りで、昨晩は自分をコントロールするのが難しかったです。
その時、「あ~、確かにこれは犯人捜しに必死になるわなぁ~」と彼の気持ちがよく解りました。

勿論、スポーツでの事故は付きものということは解っています。
ですが、エンジョイ個サルよりも緩い超エンジョイ個サルで注意してても起きるということがショックでなりませんでした。(T_T)
それ以降は「んじゃ、初心者や女性プレイヤー、高齢者はどこで蹴ればいいんだ?」と自問自答の繰り返し…。

一生懸命の初心者にやられたならまだ納得は出来ます。
でも、それがサッカー経験者だからショックが倍増です。(>_<)


でも、ここで泣いてばかりいてもしょうがありません。 ( ・`ω・´)キリッ
長年(17年)の個サル経験者として、今後どう対処して行けば良いのかを自分なりに色々と考えてみました。

昨日のブログ記事でコメントを頂いた「好きな部位はカイノミ」さんの施設側への対応に期待する方法もあると思います。
勿論、ご本人もその対応の難しさをよく理解されていました。


そこで、私は「エンジョイ個サルに参加しているプレイヤーから何かアプローチ出来ないものか?」と考えてみました。
それは…

「声を掛ける」

です。

例えば…
・ゴールが決まった時、アシストパスを出したプレイヤーにも声を出して褒める。(個人技によるドリブルシュートの抑制に繋がる)
・パスを出さずに個人技でのドリブル突破するプレイヤーに対しては執拗にパス要求をする。
・禁止された強烈なシュートやチャージするプレイヤーには「エンジョイ、エンジョイ」と笑いながら優しく声を掛ける。又は「次はアシストもお願い!!」という声かけでもいいかも。
・GKには「怪我しないようにシュートから逃げてもいいよ」と事前に声を掛けておく。
・素晴らしいパス連携には、敵味方に関係なく褒める。
・周りが見えてないプレイヤーには、フリーな状態であるのかそうでないのかを声で伝えてあげる。
・GKが弾いたボールを至近距離で詰めてシュートを打とうとしたら「危ないっ!!」と大きな声を出す。これによる骨折や出血事故は多いので大声1つで未然に防げるなら…という気持ちで大声を出す。


又、心がけるプレイとして…
・相手が経験者プレイヤーだからといって本気でマークに付かない。(これがガチプレイの流れへとなるキッカケになるので)
・敵陣でのハイプレスをしない。(味方プレイヤーがやっていたら「自陣でゆっくり守ろう」と声を掛ける)
・キックイン時にしっかり5メートルの距離を取るように言う。(ボールを奪おうと躍起になっているプレイヤーを落ち着かせる為)
・どうしてもゴールを欲しがるプレイヤーには、ディフェンスを緩くして先にゴールを決めさせてあげる。
・ボールを持っている相手に激しく寄せるプレイヤーに対しては、フリーの自分がスクリーンに入って「まぁまぁ…」と言って落ち着かせる。


※あくまでも初心者を対象としたエンジョイ個サルでの対応です。

「声掛け」に関しては、見知らぬ他人に声をかけることは本当に難しいと思います。
特に年下のプレイヤーが年上のプレイヤーに声を掛けるとなると…。
なので、年配者である我々オジサマ達が積極的に声を掛けて行きたいですね。(^_^)/

といっても、千田監督と私は日頃からやってるんですけどね。(^_^;)
でも、更にもう一歩踏み込んだ声を掛けをやって行けたら…と思います。

他にも良いアイデアがありましたら、コメント欄に書いて頂いたり直接私に教えて頂けると有難いです。
日記 | Comments(4) | Trackback(0)
2017/05/22

エンジョイ個サルに参加する経験者にモノ申す!!

ここ最近、フットサル人口が増えてるのはいいんですが、女性プレイヤーや高齢者プレイヤーにとって厳しい環境になりつつあります。
初心者を対象としたエンジョイ個サルなのに、激しい寄せだったり女性プレイヤーへのパスを全てカットしてボールに触れさせないという空気を読めない奴など…。

初心者の一生懸命さから出たプレイならいいんですよ。
ただ、私が見てる限りは、殆どバリバリのサッカー経験者がそれをやっているから困るんです。(>_<)
各施設の予約時の注意事項に「経験者は節度あるプレイを」と書いてるでしょ?
そんなプレイヤーを見ると、「弱い者いぢめせずに、もっと上のカテゴリーで蹴ってろよ!!」といつも思います。 (´・ω・`)

先日の初心者対象のエンジョイ個サルでも、ハイプレスを仕掛けてゴリゴリ体を寄せてボールを奪い来るので…
「エンジョイ、エンジョイ!!」と注意したら、「まだ腕を使ってないんでエンジョイです」とぬかしやがるし…。

「バカかお前はっ!!」

と叫びそうになりましたよ。(#゚Д゚)


経験者プレイヤーのよくある勘違いプレイを1つ紹介します。
エンジョイ個サルではランダムのチーム分により、どうしてもチームバランスが悪くてワンサイドゲームになるケースがあると思います。
そういう時、経験者プレイヤーが「1点でも返して流れを変えなきゃ」と一人で無双しようとする奴がいます。

「ブブッー、アウト!!」

別に点数や勝ち負けを争う競技志向の試合じゃないんですよ。
こういう時こそ、初心者プレイヤーに多くボールを触らせるのが重要なんです。
トラップミスしたり簡単にボールを奪われても気にしない。
どんどんそういう方にパスを提供していくのが経験者の役目だと私は思います。

勿論、相手チームも同じです。
ゴールを決めすぎて点差が開いたら、相手チームの初心者にゴールを決めさせるチャンスをたくさん提供してあげましょう。
自分たちだけがエンジョイ出来ればいいという個サルではないんです。
皆が楽しく蹴れてのエンジョイ個サルなんですよ。
そこを履き違えないで欲しいですね。


こういう状況は多くのフットサル施設でも大きな悩みの種の1つだと思います。
facebookやブログ、公式サイトでの注意書きから、そういう空気の読めない経験者の横暴が見て取れます。

そこで1つ提案なんですが…
近隣地域のフットサル施設の代表者の話し合いで、初心者を対象としたエンジョイ個サルの共通ルールを作ってみては如何でしょうか?
要するに、「あの施設ではOKだったのに…」という空気を読めてない経験者の子供じみた屁理屈を封じる意味も兼ねてです。

例えば…
・女性プレイヤーに対してシュートやクロスボールを当ててしまったら即PK。(勿論、蹴るのは当てられた女性プレイヤー)
・少しでも接触プレイがあったら即ファール。女性プレイヤーに対しての接触プレイは即PK。
・後ろからボールを奪うプレイは即ファール。(ケガ防止の為)
・男性のシュートはインサイドキックのみ。


常連さんへの対応や収益を兼ねてる部分があって色々と難しいと思いますが、今後のより良いフットサル環境作りの為に検討して頂けると幸いです。
個サル | Comments(2) | Trackback(0)
2017/05/21

ウルトラエンジョイ大会

今日はミーナで開催された「ウルトラエンジョイ大会」に参加してきました。(^_^)/
170522.jpg

このカテゴリーは、順位を決めないエンジョイカップに順位付けをした程度の初心者向けの大会。
その為、余りにもの実力差で優勝すると優勝賞品は貰えないという節度ある大会です。
とはいいつつも、今回も大会規約を読んでない場違いなチームが紛れ込んでしましたね。
こればかりは、もう諦めるしかないです。(T_T)

今回は7チームで7分1本の総当たり戦です。
170522a.jpg

開会式では自衛隊のヘリが編隊を組んで飛んでいるという珍しいシーンが見られました。
大会に参加していた自衛隊チームが、「あれはウチらが呼んだんですよ」という渾身のギャグ。
いやいや、ブルーインパルスの曲技飛行じゃないって。(笑)
170522b.jpg

今回のO.G.Summersは交代要員のいない5人ギリ。(゚Д゚;)ナ、ナンダト…
170522c.jpg

スタミナのない私が案の定、「戦犯」でした。orz

170522e.jpg

というか、30度を超す真夏日で交代なしでの7分プレイとか無理でしょ。(>_<)
審判をやってた巧君や優作君からも、ケンさんの顔色がヤバかったと言われました。(^_^;)
本当に「何の罰ゲーム?」と思うような暑さでしたよ。(T_T)

という訳で、最初の3試合は無得点の3連敗。
まぁ、今日は生きて帰れれば御の字と思ってたんですが、意識の高い山上さんは1ゴール、1勝を目指して必死に頑張ってました。
そのお陰で、残り3試合を2勝1分けという好成績で終了することが出来ました。(゚Д゚)オオッ!!
170522d.jpg

今日の大会での教訓は…
これからの季節は、夜の大会か冷房の効いた施設に限定してやらないとダメだなってことです。(笑)
てことで、皆さん暑い中お疲れ様でした。(^_^)/
1day大会 | Comments(2) | Trackback(0)
 | HOME | Next »